cozyのひとりごと

追憶と現実の思い入れをおもむくままにつづります
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
木綿の着物 その弐
井内さんの「木綿のきもの」を雑誌「七尾」とウェブサイトで見た時は
これはやられたの三乗くらいのやられたという感想

呉服屋と洋装店の子供に生まれ
幼少のころからファッション雑誌を見て育ち
洋服を作る事を目指した人間にとって

まさにやられたの三乗

先輩のケンゾーさんは
パリコレで初めて木綿を使ったデザイナーで
日本の素材と直線裁ちで洋服を作った
「木綿の詩人」と賞賛された

今はその逆をやる井内さんの感性と発想に驚く

着物はフォルムとしてのデザインは同じ
テキスタイルと素材とコーディネイトの感覚がデザインといえます
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
ブランドファッション プレタポルテ プレタポルテとは、フランス語で「用意が出来て...
ブランド総合研究所【ジュエリー・バッグ・イタリアン】 | 2007/02/02 11:16 AM
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.