cozyのひとりごと

追憶と現実の思い入れをおもむくままにつづります
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
奈良 新薬師寺


hiyayakkoさん、あられさん、そしてlinfofさんのご家族
みなさん、この秋に奈良へ行かれて、古都の風情を味わいになられた。
cozyは残念ながら行けません。

linfofさんの掲示板に
>でも今年は奈良へは行かない方が良いのかもしれません、
また気持ちが揺らぐでしょうから

と書いてしまいました、

たぶん、近鉄奈良駅から登大路の地上へ出たとたんに
へらぶなさんのいう「青春の苦い思ひ出」に襲われることでしょう。
古都で「なみだがキラリ」状態まちがいなしです。

hiyayakkoさんによると
内部に変なステンドグラスの様な物が出来た新薬師寺ですが。

僕はこの軽やかな天平の甍の建物が好きなのです。

へらぶなさん、「青春の苦い思ひ出」を語りあうのはやはりここでしょう。
コメント
from: cozy   2006/11/26 11:34 AM
マサヒさんおはようございます。

僕には奈良は思い出が深すぎる場所です。
いけば嬉しのでしょうが、
思い出にホロリでしょうね。
from: マサヒ   2006/11/26 10:08 AM
斑鳩の里に登山の友人がいます
法隆寺のすぐ近くに住んでるんです
羨ましいと思います
斑鳩を写真したいと思う事もあるんですがやっぱり美濃からは遠いなぁ
東名阪で3時間までは掛からないと思うのだけれど・・・
古都は素敵ですね
青春の良い想い出ですね ホロ苦くっても・・・
from: cozy   2006/11/26 9:28 AM
へらぶなさん、おはようございます。

>「ありえたかもしれないがありえなかったもの」

ちょっとしたキッカケでこれに男はなやまされますね。
どうもまだ少し「追憶にふける夏」を引きずってます

「人生のバランスシート」とはなかなか意味のある言葉ですね。
いつかお聞きした事よくわかります。
ちょっとプラスで終わりたいですね。

会える日を楽しみにしております。
from: cozy   2006/11/26 9:21 AM
slowhandさんおはようございます。
Macを終了後にコメントをいただいたようです。

linfofさんの掲示板のご家族の写真の
奥様のはれやかな表情とご子息の素直な表情

あの写真は本当にいい感じですね。

あの写真を見て
僕は奈良へ行ってもこんな感じにならへんと思いました。
from: へらぶな   2006/11/25 11:38 PM
こんばんは

奈良で生まれて随分長く暮らしたあの町・・・よく行った一つ一つの喫茶店やブラザーサンーシスタームーンを見た映画館、古い路地道、水門町、二月堂の階段、高畑界隈の静かな洋館の家・・・子供の頃と何も変わっていない場所に時々行くともう一つのほんとは「ありえたかもしれない」もう一つのありえなかった人との人生を夢想する事があります。言葉ではうまく語り得ないですが・・・

沢木耕太郎氏では無いですが「ありえたかもしれないがありえなかったもの」の後悔や追憶は男性の方が引きずりますね。「純情キラリ」ですね。

何かを無くせば必ず何かを手に入れます。何かを手に入れれば必ず何かを無くします。僕はこの6年間でよく分かりました。人生のバランスシートは上手く出来ていると。無くしたり、手に入れたり、正と負、勝ったり負けたり、光と影、いたるところに青山あり、一寸先は闇・・・そんなのがうねうねと行ったり来たりで人生をつくっていますね。当たり前に真面目に生きて少しの勝ち越しで人生終わりたいね。
cozyさんいつかお会いしましょう。



from: slowhand   2006/11/25 11:33 PM
cozyさん、お疲れのようで(笑
from: cozy   2006/11/25 11:24 PM
へらぶなさん、こんばんは

木之内みどりの「学生通り」ですか

僕はやっぱりスピッツの
「君が思い出になる前に」ですね

from: slowhand   2006/11/25 11:19 PM
「青春の苦い思ひ出」に浸りながら木之内みどりの「学生通り」聞いてます。
どんな思ひ出かと言うと...

こんな状況が無かったと言うさみしい思い出です (T T)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitorigoto.e-niimi.com/trackback/505869
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.