cozyのひとりごと

追憶と現実の思い入れをおもむくままにつづります
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
オーディオ彷徨 岩崎千明遺稿集 元祖JBL D130


故 岩崎千明氏 
JBL D130の元祖 
一関ベイシー菅原昭二氏の師匠
JBLを日本で広めた張本人の一人
中野「ジャズオーディオ」オーナー
JBL ハークネスの日本のファースト・オーナー



とにかくジャズを鳴らすオーディオを語らせたら
この人の右に出る人はいない
特にD130に関しては数多い熱い熱い文章には感動

cozyは新宿の山水オーディオセンターで一度だけ、お姿を見た事がある
残念ながら音は聴いていない
上京した時には中野「ジャズオーディオ」は閉店していた
瀬川冬樹氏と菅野沖彦氏の音は聴いた経験はあります



JBL好きで特にD130でジャズを聴くなら最高のバイブル

「私とJBLの物語」より抜粋

....D130は、プレーン・バッフルの、たった1メートルたらずの角板にとりつけられたままだったが、自作の6L6GPPの、30Wのアンプで床を響かせた低音は、這い上がってくる感じで体を振るわせた。
.......いかなる音楽を楽しむのにま自作の箱に入ったD130 1本の方が、はるかに魅力ある音を、響かせていた。........

と熱い熱いJBLの話が続く続く

D130,LE175DLH,C40ハークネス、LE85,HL91....ハークネスのマルチアンプ駆動....375,2440,537-500,2397,2350,...パラゴン、ハーツフィールド.....

JBLとジャズが好きなら一気に読んでしまうのは間違いない

コメント
from: ktdchon   2011/02/03 4:17 PM
コメント、ありがとうございます
cozyさん
ブログをごらんいただき、コメントありがとうございました。
憧れのcozyさんからコメントがいただけるなんて、うれしい限りです。
岩崎千明氏の影響は、すごいものがありましたね。
わたしは働きはじめたとき、せっせとお金を貯め、足らないときは
母親に「ボーナスで返すから」と泣きついて、JBLのアンプを見つけ
何度も、そのオーディオ店に通い、マッキントッシュを横目に
「エィッ!」という掛け声を心のなかでかけて買ったものです。
40年ほどまえのことです。そのときのプリ・パワーは嫁に促され、
SJ誌の「売ります・買います」のコーナーに出して売ってしまいました。
あとで、後悔しまくったのは、いうまでもありません。
でも、あの音と姿の美しさが忘れられず、6年前に50数万円を投入し、
買い求めました。あぁ、JBLの魔力なのでしょうね。
QUADも、英国らしい魅力にあふれたアンプですね。
名門中の名門というか、気品がある、というイメージです。
岩崎氏については、また「オーディオ彷徨」を読みなおそうと思います。
from: cozy   2011/02/03 2:26 PM
ktdchonさん はじめまして
過分なおほめの言葉 恐縮しております。
ブログ寄せて頂きます。
from: ktdchon   2011/02/03 12:26 PM
cozyさん、はじめまして。
以前からブログを拝見していて、すごい内容とカテゴリーの豊富さに心酔していました。
わたしもJBLにはまったきっかけは、SJ誌で語る岩崎千明氏の文章からです。オーディオ彷徨も本の綴じがはがれるほど読みました。
つい最近わたしもブログを立ち上げて、その辺のところ書いています。よかったらご覧いただき、コメントいただければ幸いです。
from: cozy   2008/07/09 9:25 PM
お久しぶりです
LX5とは!
岩崎本流ですね、ツイになしとげましたか
やはりあの通りでしたか
アンプもやはりSA600ですか!
う〜〜んうらやましい
僕はc40を使いつづける事でしょう、
まだまだ、奥があり可能性がある感じです。
QUADアンプは気に入っています、
もっともJBLSA600はいまだに夢みるアンプです。
from: SA600   2008/07/09 9:16 PM
岩崎氏ではないが、「LX5」をついに手に入れた。ついに!。最後まで遣り残してきた宿題を61歳で達成出来た。妻のお陰?だ。イヤ情熱・努力の結果だ。イイエ岩崎様のお陰です。LX5はN1200と比較し重い。この重量感は何かを予感させる。LX5は高域の位相を逆相で接続するようにと説明書にある。最初の音出しでファッツニュー・ビルエバンスをターンテーブルに(ガラード401+シュアーM75+SME3009)。「これジャ」叫んでしまう。長い間イメージしていた音がいきなり出てきた。何故か、N7000の075が透明感を増して鳴っている。結論は中域。この充実した中音を長い間捜し求めていたような気がする。D130+LE85のレコード演奏は得に良い。ボーカルやトロンボーンで今までに無い中低域の締まりと厚みに、ボクの頬は緩みっぱなし。大声で女房を呼ぶ。「いいじゃない」と女房。「じャかましい」と声を殺し、お前に何が分かるジャ。それまで電気を入れていた、サンオーディオ300B(ウエスタン)から久しぶりにSA600に切り替える。ウソではないかと思うほど気持ちよく鳴り始めた。何度か離縁しようと思ったこともあるSA600は、このままお迎えの来る時まで付き合うことに決心させるほどの、水を得た魚の如しだ。「もう、浮気しません?。すみませんでした」。最後まで添い届けます。神に誓って。そんな訳で今後、D130について本気で研究したいと密かに思っています。16Ω等いろいろ種類があります。どなたか、秘伝の使いこなしがあればご教授願いたいと思います(当方現在グレー8Ω)。初心に帰ったSA600です。
from:   2008/03/04 8:03 PM
SA600さん、はじめまして!
素敵なハンドルネームですね
未だに最高のアンプと僕が考えているSA600ですか!
001+4530で30年のキャリアですか!
すごいですねぇ
僕は国産ハークネス+変則001の30年です
岩崎さん一途ですねぇ
LE85岩崎ドライバーですね
やっぱりJBL最高ですよねぇ
30年使っていますがまだまだ奥が深いです。
ブログはサーバを使い切って新しいブログになりました。
最近は伊東ゆかりさんに、はまってしまって
「OLDJBLでゆかりさんを聴く会」なんて半分冗談半分本気の会を作りました。
ぜひ現在のブログ
「cozyの蒼い日々」にもお越しくださいませ!
http://cozy-blue.jugem.jp/
JBLスピーカーはホントにおっしゃるとおり 楽しいです!

from: SA600   2008/03/04 6:03 PM
遺稿集何度読んだことか・・。岩崎氏のD130に逆らって001+4530で30年以上も格闘してきました。昨年、退職を機にやり残していた130AをD130に先ず交換し、更に175DLHをLE85+HL91とし、ホーンも2390まで一気に進めました。結果、氏の解説が正しいことを今になって思い知る事となりました。嘘はありませんでした。しかし、N1200のアッテネーターを絞ってもは85が強すぎます。私は、更にアッテネーターで4dB落として文章どおり素晴らしいサウンドを得ました。最後にLX5が残ってます。LX5の高音がー8dB?まで絞れると理解してますのでバランスは大丈夫のはず。なんと、遠回りしたことか。不用品を売却しながら取り組み中です。楽しいネ。
from: cozy   2006/11/03 10:37 AM
Thori-Tungさん、はじめまして!
2397ですか!


現在のハークネスはそのままにして
僕もいつかはあのウッドホーンに2440を付け
別のシステムを組んでみたく思っております。
from: Thori-Tung   2006/11/03 10:02 AM
 老婆心ながら申し上げますが、岩崎千明氏の遺稿集は下記にて読むことが可能です。 

http://www.audiosharing.com/people/iwasaki/iwasaki.htm

p.s.
 言うまでもなく、私も彼の薫陶を受けた人間の一人で有りまして、P224から熱く語られているウッド・ホーン2397を中心に据えて居ります。
from: cozy   2006/10/18 8:22 AM
kenmihokenmihoさん、おはようございます。
思った音がでるまでは時間がかかると思います。
from: kenmihokenmiho   2006/10/18 1:56 AM
「アッテネッターをハイにしてガンガン鳴らしてからアッテネッターを絞ってバランスをとりました」
むむっ!!!
なんか凄くいいヒントを頂いた気がしますっ!

33+303さん。ありがとうございますっ! 楽しみまっす!
from: cozy   2006/10/17 11:51 PM
33+303さん、こんばんは
kenmihokenmihoさんに刺激されJBLがブレイクです
from: 33+303   2006/10/17 11:49 PM
楽しそうですね〜
今が一番面白いですよ。

そして壁にあたって、悩んで乗り越えて。
from: cozy   2006/10/17 9:21 PM
075は175よりジャジャ馬と思います。
僕は175を最初はきついのは承知で
アッテネッターをハイにして
ガンガン鳴らしてからアッテネッターを絞ってバランスをとりました。
from: kenmihokenmiho   2006/10/17 9:11 PM
お返事ありがとうございます。
さっき、アッと思ったのですが、ネットワークのアッテネーターのことをすっかり忘れていました。
075の出力を調整するだけでも、バランスをいい感じに持っていくことが出来るような気がしてきました。
それにしても素敵な写真ですね。素敵な音が聴こえてきます。
from: cozy   2006/10/17 8:20 PM
kenmihokenmihoさん、こんばんはN2400の事ですか?
ネットワークは僕もあまりわかりません。

だけどLUX38FDで音が硬いというの不思議ですね。
音の感じ方は個人差がありますから分かりませんが..

僕も現用のシュアーM97は安物のせいか音は硬くシンバルなどはちょっとキツイです。
僕はハークネスの位置だけいじります。低音がダンゴにならないように、そして音像定位を一番重視します。
あとはあまり気にしません。
from: kenmihokenmiho   2006/10/17 7:51 PM
こんばんは。
そんな本があるのですかっ。
今度是非入手して読んでみます。
お願いがあります。
ボクのブログに「それから・・」さんという方からネットワークに関する質問を頂いたのですが、うまく答えられません。
助けて頂けないでしょうか?
宜しくお願いいたします。。。
from: cozy   2006/10/17 12:23 AM
33+303さん、こんばんは
一関へ行かれたんですか
菅原昭二さんが最初に登場したスゥイングジャーナルをもっています。
氏の語り口も熱いですが、僕には岩崎千明氏の方が感動が深いです。
from: 33+303   2006/10/17 12:15 AM
こんばんは

滝に打たれるような音の洪水
大きな音が渦巻く中にある静寂

日常生活でそんな環境はなかなかありませんが、時としてそんな中に身を置きたいとふと思うことがあります。

一関はそういう想いの方々が集うんでしょう。
私にとって最高の音ではありませんでしたが、その音・姿勢を感じることができ、楽しいひとときでした。

cozyさんもいろんな想いがあってハークネスに辿り着いたんですね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitorigoto.e-niimi.com/trackback/475408
「岩崎千明」 に関する流行を追いかけよう!岩崎千明 に関するいろんなものを集めてみました! 岩崎千明 に関する情報をゲットしよう! 岩崎千明 関連のアイテム * { margin: 0px; padding: 0px; font-family: Verdana, 'MS Gothic', sans-serif;} div
話題のキーワード | 2007/10/17 12:36 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.