cozyのひとりごと

追憶と現実の思い入れをおもむくままにつづります
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
薬師寺東塔  ロマンチック奈良その弐


奈良  西の京 
薬師寺 東塔

一時間くらい すわってじーと眺めていたいと書いた・・
その時の音楽はと思いつくのは

ドルフィーのフルート

また、 

若かったら女の子と手をつないで、どっかへ・・・・

とも書いた

行き先 は薬師寺 

iPodで二人で聴けるイヤースピーカーでドルフィーのフルートを聴きながら

薬師寺東塔をじーと眺める・・・・

相輪の水煙の飛天さんが、二人のためにジャズを即興で吹いてくれるかも

夕日が二人を茜色に染めるまで・・・・


ロマンチック奈良・・西の京・・薬師寺・・東塔・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

写真は1976年7月の薬師寺 東塔

Nikomat EL  nikkor 43〜86mm f3.5 zoom

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんかカメラの話ばっか・・・
撮影データのせなきゃ良かった・・・



近畿日本鉄道のCMみたい




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ずーと薬師寺東塔を見ていたいというのは、 本気 

相輪の水煙の飛天さんは横笛を吹いておられるので
ドルフィーが思い浮かびました・・・
もっとも、
薬師寺 東塔 は 「凍れる音楽」と称されます。
日の出亭 淡路島アートフェスティバル2007 その壱


日の出亭
一年ぶりに行ってきた



タイルに見えますがタイルじゃありません





たまねぎアート 僕はこういうのは嫌いです



スタッフの色白の女性がMacBookでイラレと格闘
エプソンのプリンタでプリントしようとしているがエラーの連続
キャノンじゃ考えられない
僕は忘れていたが彼女は僕の事を憶えていたようです。

昨年と同じ近所のオバサンもやってくる
一年ぶりの再開
僕の事を憶えていたらしく、久しぶりに会話

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

淡路島アートフェスティバルは一昨年から毎年開催されているが、
だんだんパワーが落ちていると感じる

ダイナミックな感じがない、
特に今年は

マンネリとチマチマとしていて、パワーが感じられない。


アート | 21:19 | comments(9) | - | - | - |
芸術とデザイン あるいは 田舎の同人誌とブログ
どちらが上か?
などというのは愚問
ただ芸術だけの人、
特に田舎で芸術だけやっていると思っている人は
デザインをバカにする事もある、
特に商業デザインを
先日、写真を見て絵を描くといったら、
非常にバカにされ、嫌な思いをした。
写真を見て絵を描くというのがダメな事はコッチは百も承知、
デザイン画を描く練習にしただけの事、

さも自分は芸術家とお高くとまってる、
田舎でオナニーの様な作品つくって、どれだけのもんや といいたい。
この人の作品は色に冴えがなく、形もみみっちい。
まぁ自分のオリジナルやデザイン画もオナニーのような物かもしれませんが。


デザインとは用と美の両立、いくら美しくても機能がないとダメ、
これが難しい、しかし機能にすぐれる物は見た目や外観も美しい。
JBLのスピーカーユニットやSMEのアームなどはその典型、

インダストリアルデザインとか勿論ファッションデザインなどは
この事が重要、いくら美しくても着られない洋服は価値がない。

商業的なグラフィックデザインはこの点はどうなのでしょうか、
もっとも、
くだらない油絵なんぞより
田中一光氏のグラフィックデザインが上というのは誰もが分かっている事、

田舎でいくら芸術家といってえらそうな顔をしていても
井の中の蛙
これはこのブログをはじめてよく分かりました、
このブログやリンク先の方々の常連さんの知識の凄い事、
とても淡路島の田舎をいくらグルグル走りまわっても、
これだけの凄い人達には逢えません。
田舎で名前が知られてもたかがしれたこと、
田舎だけでアナログ的な情報発信してもいくら頑張ってもダメ。
30年前はこの事が非常に嫌でした。
上記の人に「田舎で同人誌なんぞ作って何の意味があります?」と反論した。

もっとも田舎にいても本当に実力のある人は
やまださんのように人が自然と磁石に引き寄せられるように集まってくれでしょうね。

話が違う方向へ行ってしまいました。
アート | 19:01 | comments(2) | - | - | - |
叩き彫り展  やまださん


今日 案内状が届きました

6月6日〜12日 
大阪梅田 阪急百貨店 での開催です

いずれかの日に寄せていただきます
アート | 12:55 | comments(2) | - | - | - |
愛情物語 荒木経惟と陽子


この写真集は夫婦愛に充ち満ちております
もっとも夫も妻もとんでおりますので
その愛の表現はちょっと普通の方とは違います

でも陽子さんが、これだけキレイに表現されてるのは
最高のテクニシャン荒木経惟の写真の技術だけではないと思う

蒼井優を荒木経惟が撮るといいだろうなぁ
荒木経惟ならヌードも許せる

絶対すごく美しい写真ができると思う

写真集は初版を二冊買う
一冊は観賞用、一冊は保存用

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

久しぶりに見ると脳裏の浮かんだのは
kenmihokenmihoさんとyomeどの
仲よろしいやおまへんか うらやましい
(kenmihokenmihoさん怒らんといてね)
アート | 09:28 | comments(10) | - | - | - |
アートなパンフレット その弐






京都市美術館の案内状

表紙は 上村松園 「晴日」

アートなパンフレット その壱








京都芸術センターに置いてあったフリーペーパー

いくらwebが発達しても

グラフィック・デザインのディファクト・スタンダードは紙に印刷

ATACK NIGHIT

テクノと電子音楽のイベント

タイポグラフィーとオレンジとシルバーの対比
京都芸術センター 京都市立明倫小学校








京都芸術センター
旧京都市立明倫小学校の由緒ある建物を利用して
何年か前に設立された

クラシックな美しい建築














玄関ホールには色々な催しのポスター

昨日は特別な展示はありませんでした。

気に入ったのをスナップ









教室を利用してのカフェ
どうみても学生アルバイトとわかるウェイターが
京都らしくホホエマシイ

少し仕事が、とんちんかんだけどクレームをつけない
自分の次男も学生だから子供を見てるよう

コーヒーカップがイノダ風
京都の珈琲はこうなるのか?
珈琲自身はマアマア、格別美味しいことも不味くもない

ふんいきが好きで京都へ行くとよく寄る

場所は 室町錦上る  

ステッドラーの色鉛筆 その弐


以前にも登場したステッドラーの色鉛筆
今日は不覚にも、ちょっとしたことで落としてしまった

全色バラバラ

     といっても24色だけど

色相順に並べないと気持ち悪い
もっとも色相順でないと使いにくい

......で並べる

以前と並び方が変わったが  

   マァ、コレデイイデショウカ

ピンクとオリーブグリーンの位置が少々気になる

エクサン・プロヴァンスとサント・ヴィクトワール山
スコットランド以外で
外国のどこへ行きたいと問われたら

南仏のエクサン・プロヴァンスと答える

セザンヌの山 サント・ヴィクトワール山をこの目で見てみたい

セザンヌの聖地 

今日のNHK 日曜美術館はオルセー美術館展の特集

お正月に神戸で見てきた絵画をTVで見る

神戸の会場ではセザンヌは、あまり人気がなかったようだった
おかげで、セザンヌをじっくりと鑑賞できた。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.