cozyのひとりごと

追憶と現実の思い入れをおもむくままにつづります
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
海島綿 シーアイランドコットンのポロニットのプレス     ジョン・スメドレー 




洗濯は手洗い、陰干し
伸びるのでハンガーでは干さない
本当は平らな網のような物が理想


スチームアイロンの温度は中温
形を整える これが肝心

プルオーバーは下側になる部分がシワにならないように注意する

リンキングに沿ってプレス
平らな編み地部分はさっと軽く一回で決める
布帛のワイシャツをプレスするように力をいれてはダメです。
やさしく押さえる程度にアイロンをあてます
失敗すると伸ばしてしまいます

何回も強くこするようにアイロンを動かしては
編み地が伸びるのでダメです。





袖と前あきと衿をプレスして完成
袖の形を整える

ジョン・スメドレーは30ゲージという超細番手のニットウェア
ジョン・スメドレーに限らずニットウエアの洗濯とプレスで
一番注意するのは 「伸ばさない」 という事です



低温でリンキングと形を整えるだけとお考えください

このジョン・スメドレーはブランドネームは外してあります
あの部分から破れる事が多いので外しました。

優しい秋はじめ展



リアル店舗で9月14・15・16日 開催
皆様ぜひご来店くださいませ
NEAT & COZY CLOTHING  値札の意味


23〜25年前に自分でデザインした値札

NEAT & COZY CLOTHING

小ぎれいで心地良い衣服 という意味

自分のテーマ

FASHIONでなくCLOTHING
洋服も着物も、ふくむ生活全般の衣服を意味する

で ハンドルネーム が COZY なのです 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昔からブルーが好きなんです
ジョンストンズ  Johnstons


ジョンストンズ

e-niimi.comにカシミヤ・セーターの登場です

もちろんスコットランド製の本物
バランタインとの取引がなくなって以来
長年唇をかみしめていましたが
カシミヤ・ニットウェアの再開です

長年の経験で得たフンワリとした最上のバルキー感と軽さと暖かさが体感できる
色と形のカシミヤ・ニットをセレクトしております

ジョン・スメドレーより入荷が早くなりそうです。

皆様ご期待くださいませ。
シェットランド・セーター
ジャミーソンズはシェットランド・ウールのフェアアイルパターンのニットウェアです。
ジャミーソンズは間違いなく本物のシェットランド・セーターです。

しかし、無地のクルーネックシェットランド・セーター・・・

ジョン・タロックをかなり力を入れ受注しました。
しかし、ジョン・タロックは春に工場閉鎖、
この秋冬は残念ながら無地クルーネックのシェットランド・セーターの入荷はありません。

最近の情報では、
超有名有力英国ニットブランドでシェットランド・セーターを編むブランドは健在です。
今年は新しい力のあるデザイナーも起用しております。

また新しい取引を決心しました。

本日のcozy 20070829


トップスはジョン・スメドレーのシーアイランドコットンのポロ
ボトムスはパタゴニア オーガニックコットンのA/Cパンツ
黒のローファー
ソックスはパンセレラのオリーブグリーンのヘリンボン

白のポロニットとカーキの薄手のコットンパンツ
こういう極普通のどこにでもあるスタイルは、素材で勝負

ジョン・スメドレーのシーアイランドコットン(海島綿)のポロは
極上の柔らかい肌触りと軽い着心地!
ラコステタイプのカットソーのポロシャツとは次元が違う
(ラコステはカットソーポロシャツでは最上だが)
フルファッションドのイングリッシュカラーも品が良い

パンツもオーガニックコットン

コットンという素材にこだわった。

ジョン・スメドレーは一度袖を通していただいたら、
その着心地の心地良さに驚かれることと思います。
ジャミーソンズで検索


グーグルでジャミーソンズで画像の検索


e-niimi.comとこのブログの画像ばかり
少しは他店の画像もありますが・・・

この秋 ジャミーソンズ ご期待下さい

スコットランドのシェットランド・ウールのニットウェアでは
絶対の自信と誇りがあります

シェットランド島で編まれた 本物のシェットランド・ウールのフェアアイルニットです。

入荷が楽しみです

イイですよ
英国ニットにおけるフルファッションド 減らし目


ニットウェアと布で作られた洋服の違い、あるいは編み物と織物の違い

布は経糸を織機に織る生地の巾だけ張り、その間に緯糸を織ってゆきます。
乱暴な説明では経糸と緯糸の2本の糸で作られています(織られています)
それと異なり、

編み物、ニットは1本の糸で作られます(編まれます)

また、
布を使った衣服は織られた平面の布を裁判し、縫製して衣服となります。

編み物には裁断はありません、
編む段階で衣服としてのパーツ、前後身頃、袖、衿などの形を作ります(編みます)

そのパーツの形にするための技術が減らし目です。
編みの目を減らしたり増やしたりして、衣服のパーツとなる身頃、袖などを形作ります。

この減らし目のみで作られるニットウェアの技術をフルファッションドと呼ばれます。

そして出来上がったパーツを綴じます、これをリンキングと呼びます。
パンセレラの場合この綴じが手作業なので、ハンドリンキングトゥーと呼ばれます。

この減らし目が細かければ細かいほうが高級品となります。

ジョン・スメドレーのようなシーアイランド・コットンの30ゲージという
超細番手では最高度のフルファッションドの技術が要求されます。

画像はセットインスリーブの袖付けの後ろの部分です、
細かい美しい減らし目が理解していただけると思います。

ジョン・スメドレーは最高の減らし目の技術で編まれた、
また最高の素材で編まれたニット・ウェアです。

この辺りの技法にこだわるニットウェアは英国のファクトリーが最上です。
ボクが強く英国ニットをオススメする理由のひとつです。

低品質の安物ニットではこのような美しい減らし目は見られません。

品質で後悔される事は英国ニットウェアはまずないと断言します。
ジョン・スメドレーの発注 シーアイランドコットンのポロセーター


英国式シーアイランドコットンのポロセーターを発注しました!
来年の春に入荷します。
皆様ご期待下さいね!

ジョン・スメドレーのシーアイランドコットンのニットは
長年取り扱いたかった最右翼の商品です。
ひとつ夢が、かないました。

皆様、最高に素敵です!
クラシックな英国式のへらし目を駆使したイングリッシュカラー(衿)
最高の編み技術の30ゲージの超細番手のすべすべの滑らかさ、
最高肌触りのポロセーターです。

9月にはスーパー・ファインメリノウールのポロセーターが入荷します。

皆様 入荷の折にはよろしくお願い致します。

スーパー・ファインメリノもシーアイランドコットンも
着心地すごく良いですよ。
ボクが太鼓判を押します。

絶対間違いのない品です。

2008年春夏英国ニットの発注


明日は来年の春夏物の受注会
気合いを入れて発注してきます。

2008年春夏の http://www.e-niimi.com は
ジョン・スメドレーのシーアイランドコットンの英国式ポロニットが並びます
最高です!

皆様 ご期待下さい!

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.